構造物の要として
社会インフラをえる

杭工事部門

04

杭工事部門

主に、送電線鉄塔や電波鉄塔、風車、建築構造物などにかかる場所打ち杭工事
(全周回転オールケーシング工法、TBH工法、リバース工法)を行いますが、
山留工事や地中障害撤去工事なども行っています。

杭打ち工事の流れ

杭打ち工事の流れの写真

機械の段取り

杭打ち工事では、クレーン、掘削機、バックホーなど様々な機械を利用するため、機械をセットする前に施工内容や施工の流れを確認します。

掘削

それぞれの工法に適した手法により、掘削機を使い地中を掘っていきます。

鉄筋籠の建込み

鉄筋籠を掘った穴に設置します。

コンクリート打設

ミキサー車で運ばれてきたコンクリートを掘った穴に流し込んでいきます。